葉酸サプリはママの味方|健康な子どもを生むためにできること

看護師

不妊症の治療

赤ちゃん

妊娠するための治療

妊娠したいからと言って自分の好きなタイミングで子供を授かれるという訳ではありません。排卵日にタイミングを計ったとしても、妊娠できる可能性は20%前後ですし、年齢を重ねると卵子の質も劣化してきますから、正常に育つ可能性はまた低くなってしまうでしょう。自然に妊娠するのを待っていても、年齢が上がるにつれて更に妊娠力は低下してしまい、治療をしようと決断したときには極めて妊娠の確率が低い状態になっている可能性もあります。夫婦生活を2年以上続けても妊娠しない場合は不妊症の可能性がありますから、子供を授かりたい方は早めに不妊治療を始めることをおすすめします。不妊の原因は男女ともに考えられますから、夫婦揃って検査へ行きましょう。

不妊治療の中には一般不妊治療と高度不妊治療があります。まず、身体に異常はないか調べてみて、特に不妊になるような要因がない場合はタイミング法から始めるのが一般的です。排卵日を超音波などを使用して特定してタイミングを取ることによって受精の確立が高まります。実は受精だけならば確率は80%と高い数値を誇ります。受精しても着床しなければ意味がありません。着床までに確率は下がりますから、妊娠するだけでも奇跡だという事を知っておきましょう。高温期と低温期が二層に分かれていない人はホルモン療法などを行うこともあります。まずは排卵させなければ意味がありません。また、次のステップとして人工授精に進む方がほとんどでしょう。