葉酸サプリはママの味方|健康な子どもを生むためにできること

看護師

症状に合った成分を選ぼう

自然

卵子の質を高めたい方へ

妊活サプリを購入する際には、体質と症状に応じた商品を選ぶことが重要です。現在の体質や症状に合った妊活サプリを選ぶことで、サプリに配合されている成分の効果を最大限引き出すことができます。不妊かなと不安になっている方は、4つの体質と症状に合ったそれぞれの妊活サプリを選ぶようにしましょう。卵子の質が良くない場合には、抗酸化物質が配合された妊活サプリを選びましょう。卵子の質が悪くなる原因は、活性酵素にあります。活性酵素を抑制するためには、抗酸化物質が最も有効です。ビタミンCやビタミンEが抗酸化物質の代表成分です。冷え性の方には、DHAやEPA、マカ、ローヤルゼリーが配合された妊活サプリがおすすめです。血行不良は、受精卵の着床に悪影響を及ぼします。血行を良くする成分を摂ることで、体の中から温めることが重要です。

男性に効果のある成分

不妊になる原因として多いのが、生理不順です。排卵が正常に行われていない生理不順を改善することで、妊娠に近づくことができます。生理不順は女性ホルモンバランスの崩れが原因となっており、女性ホルモンバランスを整えることが重要です。ビタミンEやマカには、女性ホルモンバランスを整える効果があります。ビタミンEは自律神経に作用することで、女性ホルモンバランスを整えてくれます。マカは女性ホルモンと同様の働きをする成分が含まれており、生理不順を改善してくれます。不妊症に悩む夫婦の半数以上が、男性側にも原因があると言われています。男性も妊活サプリを摂取することで、妊娠に大きく近づく可能性が高まります。ビタミンCやビタミンEが精子の質を高めてくれるほか、胎児を守ってくれる葉酸は精子の染色体異常にも効果があります。