葉酸サプリはママの味方|健康な子どもを生むためにできること

看護師

不妊症の治療

赤ちゃん

不妊治療は男女ともに原因が考えられますから、夫婦そろって検査をしましょう。肉体的に異常がなくてもなかなか妊娠しない場合は排卵日の特定が間違っている場合がありますので、まず治療としてはタイミング法から行います。

読んでみよう

男性が原因

自然

不妊治療を行っていく中で不妊の原因が男性にあることも多くあります。大阪でも男性が原因による不妊カップルが多くいます。精子ができないという人も多くいて、そういう時には手術により精巣から精子を取り出すこともあります。

読んでみよう

6つを重視し購入しよう

女性

6つのポイントが重要

厚生労働省が、妊娠中に強く摂取を推奨しているのが葉酸サプリメントです。胎児の神経管閉鎖障害を予防できるだけではなく、母体の健康を守ってくれるのが、葉酸サプリメントです。食事だけで葉酸を摂るのではなく、必ずサプリメントでも葉酸を摂ることが重要です。その葉酸サプリメントを選ぶ際には、6つのポイントを重視して購入するようにしましょう。1つ目のポイントが、ビタミンB6が配合されていることです。ビタミンB6を摂取することにより、動脈硬化を予防することができます。また、つわりの緩和にも効果を発揮するため、妊娠中に是非とも摂取したい成分です。2つ目のポイントが、ビタミンB12が配合されていることです。ビタミンB12は、貧血に大きな効果を発揮します。また、遺伝子合成に必要不可欠な成分であるため、妊娠中には非常に重要な成分です。

妊娠中に必要な栄養素

葉酸サプリメント選ぶ際の3つ目のポイントが、ビタミンCが配合されていることです。ビタミンCは葉酸の働きを活性化させるほか、鉄分の吸収を助ける働きもします。妊娠中は貧血になる方も多く、鉄分と同時にビタミンCを摂るといいでしょう。4つ目のポイントが、鉄分が配合されていることです。妊娠中に摂取量を増やすことが推奨されており、推奨摂取量は妊娠期間中で異なります。妊娠中期から後期にかけては多くの鉄分が必要となるため、積極的に摂取したいところです。5つ目のポイントが、カルシウムが配合されていることです。胎児の骨格形成に関わるカルシウムは、多くの妊婦に不足しています。葉酸サプリメントに一緒に配合されていると、胎児を二重に守ることができます。6つ目のポイントが、安全性です。GMP認定工場で製造されているか、原材料が明記されているかを必ず確認しましょう。これらの6つのポイントで葉酸サプリメントを選ぶことで、葉酸の効果を最大限発揮させるだけではなく、妊娠中に不足する栄養素を補うことができます。

症状に合った成分を選ぼう

自然

妊活サプリを選ぶ際には、体質や症状に合わせて選ぶようにしましょう。卵子の質を高めたい場合にはビタミンCやビタミンEを、冷え性の方はマカやローヤルゼリーを、生理不順の方はビタミンEやマカを、男性にはビタミンCやビタミンEが適した成分です。

読んでみよう